ヲタク女子大生★抗争戦記

女子大生がボバ・フェットになったりDIYしたり

★女子大生がバットマンアーカムビギンズのアナーキーについて語るから聞いてくれ

 

正直言って期待はずれだったのですっかりシーン・・・ってなってたんですが

未だに当ブログをバットマンの記事を目当てに訪れて下さっている方々が多いようなので

またぼちぼち書いていこうと思います

 

 

 

以前レビューで少し触れたヴィランアナーキーについて語ります

 

 

Oppressed citizens of Gotham, your cries for help have been heard! I am Anarky - voice of the people - here to save you from the plague of corruption that now infests this once proud city!

(抑圧されたゴッサムの市民、諸君の叫びが私を呼んだ!私はアナーキー、人民の声だ。私は腐敗の疫病を患ったこの誇り高き街からお前たちを救う!)

f:id:kumich0:20130606181755j:plain

わお、中二病全開ですね(;^ω^)

まぁ平たく言えば彼は反政府テロリスト

・本名はゲーム内では不詳、原作ではロニー・マチン

5フィート6インチの145ポンド、大体168センチの66キロ(小柄なのねぇ

ゴッサムの腐敗一掃を望んではいるものの、その活動には残酷な破壊行為が伴う。

・自信の尊大さと理想主義が相まって、説得は極めて困難である。

・街の保安維持のためには、彼を物理的に拘束して投獄する以外に方法はない

・接近する際には細心の注意が必要である。

自称「人民の声」←厨二乙www

・目標達成のためには手段を選ばない過激主義者

・企業と政府を敵視し、破壊すべき存在とみなしている

・幻滅した若者達の間で人気が広まっている

※ゲーム内のデータベースより引用

 

髪も目も不明とのことですがラストにちらりと見える素顔では

f:id:kumich0:20140207223521p:plain

 

どうやら金髪黒い目のようですね

 

 

ブラックマスクやらジョーカーやらでクソ忙しいのに爆弾仕掛けたとか言って

余計な仕事を増やす彼、登場は1989年の「Detective Comics」の#608と結構最近。

日本語版のウィキペディアバットマンヴィランには載ってません、マイナーすぎて

でも英語のアーカムビギンズのWikiには彼に関する物語の流れだけでなくバットマンやゴードン警部へのメッセージまで事細かに書いてあります!

アーカムシリーズは字幕がイマイチなので原文をゆっくり読めるのは嬉しいですね★

Anarky (Batman: Arkham Origins) - Batman Wiki

 

 

 

さて原作のアナーキー君はどんな子?

f:id:kumich0:20140208000212j:plain

ロニー・マチン君は頭脳明晰である以外は普通の少年でしたが教育プログラムの一環で海外の子供、Xuasus(ザーセス?)と文通を始めます。

ザーセスは恐らく中東とかアフリカとかそっちの方の子だったんでしょうね、ロニーは彼に貧困や政治弾圧の話を聞きました。そうこうするうちにザーセスからの手紙が途絶えます、その理由は父親の逮捕、母親の病気、妹の栄養失調による死でした。

それを知ったロニーはザーセスの国について戦争や政治的暴力、思想弾圧、そしてそれに今まで盲信してきたアメリカ合衆国や企業がどう絡んでいるのかを詳しく調べ勉強し、テロリスト、アナーキーとなりましたとさ★めでたしめでたし・・・

f:id:kumich0:20140208000240j:plain

要は救えなかった友達の代わりにゴッサムの市民を格差社会を生む企業や思想を規制し戦争で儲ける政府から救おうというわけですな

もちろんそれは彼が優しい性格だったからだしあながち間違ってもいないと思う

でも限度があるでしょ、ロニー(・ω・`)

目的のための犠牲を厭わないのは結局はザーセスが受けたような苦痛をロニー自体は経験してないから。被害者の気持ちが分からないから自分が加害者側に立ってる自覚もないのでしょう、「抑圧された市民」に同じように自分の思想を押し付けて抑圧していることにも気づかないとは・・・

 

エピソードによっては敵か味方かわからない行動も取ります。例えばバットマンと戦っていたスケアクロウ両方を捕らえた挙句スケアクロウに洗脳されていた人質をバットマンの代わりに助けたり、同じティーンエイジャーキャラのよしみもあってロビンに手を貸したり・・・

ロビンとの関係で言えばロビンを含むティーンタイタンズとも一戦交えたことがあります。

バットマンを狙うのもヒーローの存在が犯罪者を呼んでいる、という映画ダークナイトでジョーカーも仰ってた理由だし、曲がりなりにも理屈が通っているのがアナーキーの魅力ではないでしょうか?

 

市民のため、街のためと言ってる分めんどくさいですが似たようなことしてるリドラーよりはいくらか建設的かもね、あいつは100%自己満足だからwww(でも好きだよ♥

 

 

ジョーカーといえばアナーキー君がジョーカーの息子という設定のお話もあったようです
        /つ_∧
  /つ_,∧ 〈( ゚д゚)
  |( ゚д゚) ヽ ⊂ニ) まじっすか!
  ヽ__と/ ̄ ̄ ̄/ |
   ̄\/___/

もしアナーキー君の出る映画を作るならその設定よりもロビンとの絡みが見たいです。

ダークナイトでのバットマンVSジョーカーをこの二人で引き継ぎながらも共通の敵に対してちょっと協力!みたいな胸熱展開がほしいw

 

 

 

こんなに語っておいて結局のところなんでゲーム内ではちょい役だった彼が好きなの?と聞かれれば見た目が好きだったからなんですよねw

フードでマスクで赤くて頭脳犯で若くてヘタレで中二病・・・

うん、好きだわ(・∀・)

 

 

正直任務もシンボル集めもめんどくさいけど、ザーセスに免じてもう少し頑張ろう!