ヲタク女子大生★抗争戦記

女子大生がボバ・フェットになったりDIYしたり

★軍師官兵衛第30回「中国大返し」レビュー

消しちゃったページ復刻まであと1つ・・・長かった!

 

【今回のポイント】

中国大返しktkr!給水ポイントならぬ給食ポイントww

・官兵衛、なんでこうも長政に冷たいの…(;_;)期待の裏返しってことかねぇ

長政の未来の嫁初登場!

足利義昭がなんか言ってるwww華麗にシカトする毛利

・部下への建前上、光に会うのを避ける官兵衛ェ…

・公家衆の挨拶回りとか呑気だな明智・・・

高山右近、久しぶり~!池田、中川などの摂津衆もこぞって羽柴方につきますた

織田信孝丹羽長秀ェ…

・柴田上洛遅すぎwwww

・足袋の中の親指そわそわさせてる明智がかわいかった

山崎の戦いすげーあっさり終わったwww

 

 

課題のために徹夜+2日間なにも食べなかった(お腹が空かなかったもので(^^;)ら案の定体調崩れました、当然の結果ですねorz

 

 

今回中国大返しの途中の状況を見れてテンション上がりました。

ドラマに描かれる中国大返しって大抵

「行くぞー!」ってスタート

→途中ちょっと走ってるシーン

→次の瞬間いきなり山崎

ってパターンですが、今作では夜道に松明刺して(ちょっと間隔が狭すぎるような気はしたけど)武将は馬、足軽は草履を替えて、走りながら摂取できる形で用意された水や弁当を地元民が配るというリアルなシーンまで見せてくれました。

 

これガチで備中から山崎までマラソン大会やったらどうでしょう。箱根駅伝に出場できなかった大学生を集めて開催したり(自分で走る気はさらさら無い)。

ただしリアリティを追求するならゴールのあと合戦ですね!明智軍役はのうのうと遊んでる京都の大学生にお願いします(その役なら参加したい)。ガチで合戦するわけにもいかないので競技は騎馬戦、そこで勝って初めて優勝、みたいな?

まぁこれ実際やるなら勘兵衛で盛り上がってる2014年に合わせて企画しないとだめでしたね、人も経費も集まりませんから(;´д`)

 

 

今回長政の未来の嫁、糸が初登場。

f:id:kumich0:20140727221448p:plain

蜂須賀小六の娘だったんですね、似てなくてよかっ(ry

正直演出微妙でしたがね。出方に無理矢理感があるし(まぁお見合い結婚が当たり前の時代のドラマなんて大体ヒロインの出方は無理矢理ですが)。

長政が配給の列を横切るのを見て横入りしていると早合点した糸が非難、しかも「あまり強そうじゃない」と言われ、周囲に笑われる長政。長政が森長可森蘭丸の兄)くらい気象の激しい奴だったら無礼を理由に斬られてもおかしくないレベルです。

蜂須賀なんて今でこそ羽柴の重臣だけど石取りになったのは小六の代だしこの時点では国持じゃなくて秀吉の所領内に土地持ってるだけ、今で言えば豪邸に住んでるレベルの家でしょ?その娘が仮にも昔城持ちだった黒田にあの態度はないんじゃない?跳ねっ返り具合を出したいんだろうけどわがままなお姫様っぽい性格は身分に合ってないなにより早合点と分かっても長政に謝罪するどころか罵倒するっていうのが人間としておかしい

跳ねっ返り感を出すならお嬢様っぽさより元野党の父親ゆずりのワイルドな感じにすればよかったのになぁ~

あれが来週からちょいちょい出ると思おうとちょっと憂鬱ですorz

 

 

山崎の戦いがびっくりするくらいあっさりで驚きました。

陣のシーンだけで合戦シーンはなし。来週光秀の首実検がなかったらちょっと寂しすぎますね、本能寺までかなり丁寧に作られてた明智の最後がこれだけかよ・・・って。

でも明智、本能寺後明らかに変でしたよね、前は謙虚で素朴なキャラだったのに浮かれ て冷静な判断ひとつできなくなっちゃって。やっぱり天下の器ではなかったのでしょうね。来週の予告編で秀吉が似たような状態になってる感じだったので心配 です。秀吉の天下は外は平和だけど中身はぼろっぼろだったからなぁ・・・

 

5月に山崎に行ったばかりなので、今回の官兵衛紀行はすごく懐かしかった。

アサヒビール大山崎山荘美術館についての記事はこちら

マジレスするとあの映像よりしょぼいし山崎合戦っぽさは特にないですwww

でも天王山は綺麗な山だし美術館からの見晴らしは最高!なかでも宝積寺の中にある閻魔像は圧巻でした。

f:id:kumich0:20140727221525j:plain

室内には言った瞬間えも知れぬ恐怖で目が離せなくなったのを覚えています。シャレにならないパワーに当てられた感じでした。

山崎の戦いのゆかりで言えば秀吉が腰掛けたとされる「出世石」なるものもあります。

 

でも一番驚いたのはJR山崎駅にあったこちらのチラシ。

f:id:kumich0:20140727221948j:plain

光秀かガラシャ細川藤孝か忠興で大河ドラマを作る署名運動・・・

いや、無理だろ・・・とツッコミを入れざるを得ないメンバーですねwww

ガラシャと藤孝は面白いかもしれないけど1年もつかどうか。

忠興は個人的に論外、光秀も言ってしまえば裏切り者だしなぁ

このメンバーを聖人にしようという必死さが少々痛々しかったです。

でも吉田松陰の妹を主役にするくらいなら光秀とガラシャの方が良かった。

 

 

すみません、今回はちょっと病気で頭回ってないものでちょっと幼稚なレビューになりました。明智の天下についてまだ色々書きたいのですがこれ以上は無理そう(;_;)来週補足入れたいと思います。

駄文失礼しました。

 

 

次回:第31回「天下人への道」

前回:第29回「天下の秘策」