ヲタク女子大生★抗争戦記

女子大生がボバ・フェットになったりDIYしたり

【CW感想】S1Ep2「マレヴォランス来襲」【プロ・クーン初登場】

"RISING MALEVOLENCE"

(マレヴォランス来襲)

f:id:kumich0:20170708144810j:plain

"Belief is not a matter of choice, but of conviction."

「信頼は選択ではなく信念である」

 

The clone starfleet is under siege! Dozens of Republic warships have been destroyed in merciless surprise attacks that leave no survivors. Rumors spread of a terrible new Separatist weapon.

In the face of growing fear, the Jedi Council sends Master Plo Koon to hunt down the menace before it strikes again....

 

クローン艦隊は危機に瀕していた。何十隻もの共和国の軍艦が情け容赦のない奇襲を受け、クルーは全滅したのだ。さらに、分離主義勢力の恐るべき新兵器の噂も流れていた。

膨れ上がる恐怖に直面したジェダイ評議会は、未知の敵を倒し、被害を食い止めるべく、マスター・プロ・クーンを送り出したのだった・・

 

 

 

一言でいうと、プロ・クーン回!

組長的にはジェダイがクローンを率いる意味をやっと納得できたきっかけでもある大事な回です。

 

 

全3話に渡るレヴォランス篇1話目

〇〇来襲と聞いてこういう絵を思い出すのは日本人の性

f:id:kumich0:20170708152024j:plain

 

掻い摘んで話すと分離主義勢力秘密兵器「マレヴォランス」の調査中攻撃に遭ったプロ・クーンとトルーパーたちは壊れた脱出ポッドの中で救援を待つが、秘密兵器の目撃者を徹底的に排除するためドロイド軍はポッドを破壊して回っていた…という感じ。もちろん救援とはアナキンとアソーカです。

 

脱出ポッドって聞くとパラガスとブロリーを思い出すのは私だけ?w

f:id:kumich0:20170627161104j:plain

 

 

みんな大好きプロ・クーン回

ということで今日は彼を紹介!

 

プロ・クーン

f:id:kumich0:20081031191107j:plain

種族:ケル・ドア

出身:ドーリン

生年:?

性別:男性

身長:188cm

 

彼の出身惑星ドーリンの大気の主成分はドーリンガスとヘリウムで酸素は非常に少ないです。それでケル・ドア族は酸素が少なくても生きられるように進化し、今ではむしろ濃い酸素の中では生きられなくなっているらしい。プロ・クーンのクールさの半分近くを司っているマスクは酸素を制限するためのマスクなんですね。なるほど、作中で生身で宇宙空間に出るシーンがありましたがそれで大丈夫なんですか!でも皮膚の圧力は大丈夫なのか?(※It's a Science Fiction!)

 

ケル・ドアはフォースの感応者の多い種族で、ドーリンはジェダイ・オーダーが生まれる前からフォースを操る教団の拠点だったそうです。プロ・クーンは叔父も甥もジェダイという多くのジェダイを輩出した一族出身なのだとか

 

でもジェダイばっかり出してると独身者ばかりになって一族衰退しない?

 

人間関係では故人クワイ・ガン・ジンの親しい友人だったそうです。どんな会話してたのか気になりますね。またフォースの当時3歳だったアソーカ・タノをフォースの感応者としてジェダイ寺院に連れてきたのも彼。故にプロ・クーンとアソーカの間には深い繋がりがあります。これは今回の話の主軸になるエピソード。二人の絆は強く、行方不明になったプロ・クーンをアソーカはフォースで感じます。ジェダイの帰還で無線越しにお互いの存在を感じ合ったルークとベイダーと同じですね。

プロ・クーンとアソーカが無線で話すシーンで二人がケル・ドア語であいさつを交わすシーンも親しさが出てます。

 

ケル・ドア語のこんにちは

"Koh-to-ya(コートーヤー)"

さんご一緒に!

 

あ、ちなみにクールといえば日本語版のクローンウォーズではプロ・クーン役のマダオ立木文彦が良い仕事してます、かっこいいです。

 

クローンウォーズではかなり目立ってるジェダイマスター、プロ・クーンさん。彼の掘り下げが深いのは単にクローンウォーズの総監督デイブ・フィローニのお気に入りだったから、という噂。確かにクールな見た目ですよね。映画をご覧の方にはシスの復讐オーダー66のシーンで華々しく(?)散った最期が印象的だったのではないでしょうか?あのシーン、他のジェダイはただただ殺されるだけだったけどプロ・クーンさんだけはスターファイター運転中だったこともあり建物に突っ込んで爆死してましたよね。あの建物実はクローン軍の管制塔だったらしく、結構被害出たそうですよ。神風特攻が偶然かわざとかは知りませんが唯一裏切りに一矢報いたジェダイということでしょうか。

 

 

今回の話の見どころは壊れた脱出ポッドの中で助けを待つプロ・クーンと3人のクローントルーパーのやり取りジェダイとトルーパー3人っていう構図は第1話「待ち伏せ」と一緒です。

メンバーはコマンダー・ウルフ

そして彼が指揮する小隊「ウルフパック」の隊員二人。

シンカーブースト

f:id:kumich0:20080930174605j:plain

 

ウルフ・パックの隊員は全員小隊のマークをヘルメットに描いています。それだけ結束が固いってことですね。

f:id:kumich0:20170627162152j:plain

↑ウルフ・パックのマーク

f:id:kumich0:20170708132116j:plain

↑シンカー、ブーストのヘルメット

肝心のコマンダー・ウルフは脱出時のシフトの関係でアーマーではなく航海士の制服を着ていたので今回の話では彼の戦闘シーンを見ることはできませんでした。

この3人はこれから先も登場するのでプロフィールは省略。

 

 

先述しましたが私はこの回を見て初めてジェダイが将軍としてトルーパーを率いる必要性を納得しました。

正直映画見た時はジェダイってセイバー戦やフォースについては強いけど軍を率いるのてまた別の能力じゃね?って思ってたんです。でも他のトルーパーだけを乗せたポッドが為す術もなく壊されていくなかで、プロ・クーンの判断で外に出て戦うところとか、絶望的な状況下でもプロ・クーンの冷静さや心強さがクローンの心を支えるあたりを見て、指揮官の能力も大事だけど精神的支柱も軍隊には大事なんだと思いました(あれ?作文?)。精神的支柱という観点でいえばジェダイはこれ以上ない存在ですよね、一騎当千の強さで士気も挙げられるし、どんな状況でも冷静さや公平さ、正義を貫く訓練を受けているわけですから。

 

 

私のお気に入りのシーンは、自分が指揮官ならば生存率が絶望的な現場に他の艦隊が救援を寄越す真似はしないという理由で諦めモードのシンカーにプロ・クーンが理由を聞くシーン

 

 

"Sergent, why are you so certain no one is coming?"

"We're just clones, sir. We're meant to be expenbable."

"Not to me."

 

「軍曹、助けは来ないと考えるわけを教えてくれんか?」

「自分たちはクローンです、消耗品と思われています」

「私は思わん」

 

 

ここ、ちょっと翻訳がいまいちでした。最初のプロ・クーンのセリフのcertainは「考える」では意味が弱すぎません?「確信する」くらい強くてもいいです。

シンカーの「消耗品と思われています」も弱い。meantなので意味するという意味なので「自分たちはクローン、消耗品ということです」くらい乱暴でもいいでしょう。

最後の"Not to me"もそのまま「私にとっては違う」とはっきり否定したほうがかっこよかった。まぁ自然な日本語の会話とセリフの長さを考えると仕方ないのかもしれませんが、吹き替えの悔しいところですね。

 

あぁ、こうやって命をかけて守ったクローンたちに裏切られるなんて、悲しい話ですよね。ジェダイにとってもクローンにとっても。

 

 

 

ドロイドにポッドを壊されかけながらも全員の奮闘のおかげで、4人はアソーカたちの救援まで時間を稼ぐことができ、無事に助けられます。しかしポッドハンター部隊が撃破されたためマレボランスに乗ったグリーヴァス将軍(とドゥークー伯爵)が追撃にやってきます。電波を察知されないために船の動力とR2を停止させるアナキンたち。慌てて船の電源を切るプロ・クーンの動きが可愛いです。

しかしウルフたちを治療していた医療ドロイド(帝国の逆襲でルークの手を治療してた奴と同じ型)を停止し忘れ居場所がばれます。結構うっかりさんですねw急いで船を起動させハイパスペースに逃げようとする一同。

再起動したR2に「コートーヤ―、ドロイド」あいさつするプロ・クーン。

 

やっぱり可愛い!

 

まぁそんなこんなでアナキンたちは逃げきり、新兵器の情報を持ち帰ることに成功する。逃げられちゃった後のドゥークーとグリーヴァスの沈黙がなんか笑えます。今作はグリーヴァス将軍が萌えキャラ化する第一歩でもあったんですね!(ぇ

しかし総定員1万人近い(定員いっぱい乗ってたとは限らないけど)ヴェネター級のデストロイヤー壊されて生存者4人って…大敗北じゃねーか。

 

 

次回は反撃開始、みんな大好きファイター戦だよ!

 【前回】